FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

先生はつらいよ 

最近、またバレーボールの話からはずれているようですが、そうではありませんですよ。(笑)

今日は心の話の続きで、ちょっと真面目なお話を。

たがわさんは外部コーチとして熊北に出入りさせていただいております。
もう6年経ちました。

中学と言えば、もちろん教育現場です。
『郷に入れば郷に従え』の言葉どおりに先生たちと教育現場にご一緒しつつ、
外の人間として先生を見てきました。

ここで最近の先生について私の感じることを少し書いてみたいと思います。

結論から言うと、『先生はツライ!』です。
外からと内から要因を考えてみます。

まずは外的要因。
先生たちの精神的苦痛が多くなっているのは事実だと思います。
これは移りゆく時代による子供たちの変化より、親の変化が一番影響しているのでは
と考えます。
何点かありますが、まずは子供に対してのしつけが出来ずに、怒ることはできても
叱ることはできない親が多く、すべてを先生のせいにしていることや親がまだ子供のままで
あることが原因だと思います。
(すぐに学校ではなく教育委員会に電話するクレーマーが存在します。)

例えば、親は親であって子供の友達ではありません。
『うちは子供と友達みたいな関係やねん』と嬉しそうに話をするお母さんがいます。
私は言いたいです。
『すべてがそうやからあかんねん!』と。

あと、先生の事務作業って結構あるんですね。
モンスターペアレントの相手をしていられないくらいに。
本当に大変だと思います。

内的要因は社会性の薄さと、組織的ではないこと。

個人の人間性って大事だと思います。
私も『なんじゃこりゃ??』って先生を何人も見ています。

ここは苦言を呈することになりますが、
初めて会う人にタメ口で話す先生。(若い女の先生に多いです。)
人によってコロコロ態度を変える先生。
自分はお前より偉いんだとばかりに誰にでも威圧的な先生。
言ってる事とやってる事が明らかに違う先生。

こんな人はもちろん一般人でもいますが、先生は大学を卒業してからすぐに教育現場ですから、
社会的にすぐに適応できていないんですね。

先生は普通の会社と違って、お互いに先生が先生と呼び合って、
会社の部署のように上司がいない分、人に叱られることが少ないのではと想像します。
言われるとしても、教頭先生や校長先生でしょうか。

会社でお客さんからクレームをつけられたら、本人も上司も会社としても謝りますよね。
学校の場合は常に担任の先生がやり玉にあげられ、保護者に責められると、教頭も校長も
先生に『どうなってんの?』と注意しにくるでしょう。
組織として守ってくれる人がいないのは先生のつらいところでしょう
だから責任は全部自分でとらないといけない場面が多いのではとも思います。
先生は悩むことは多くて、強靭な精神力が必要なんだなぁとも感じます。

精神科や心療内科に通って先生もいらっしゃると聞きます。

色々と書きましたが、、、
私は、
『先生は一旦、一般社会を経験してから先生になるの方が良い!』
と思います。

みなさんはどう思われますか?

『奥に見えるのは熊本城です。』本文と少し関係があります。。。微笑
kumamotojyou
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://vb88111.blog62.fc2.com/tb.php/97-bc2f20b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP