FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

ブラジルバレー 

ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」
(2009/11)
米虫 紀子

商品詳細を見る


コバーンワ!
最近、発刊された『ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」』という本を読みました。

たがわさんは中学生にバレーを教えて、すでに6年が過ぎようとしています。

この6年間で感じたのは子供たちが本当に体力がないことです。

特に近年の子供たちは、体を動かして遊ぶということが少なすぎます。
外でみんなで集まっても公園、軒下(のきした)やコンビニの駐車場などでゲームをして遊んでいます。
任天堂DS,PSPなど相手と通信したり、一人でゲームをしています。

遊ぶ場所が少なくなっているのも事実ですがこのままではいけません。

体を動かして、頭も使う事によって経験が積まれていくと思うのです。

バレーボールにしても遊びのないままにバレーを小学生から始めて、勝利至上主義のまま中学生で燃え尽きることは絶対あってはいけないと思います。

指導者も間違えてはいけないところです。

社会を経験していない若い先生は特に勘違いしやすいところです。

大人は子供を経験していますが、子供は大人を経験していません。

バレーの練習はこうだ!お前のここが悪い!と恐怖だけを植え付けることは挫折への道です。

『一番大事なのはバレーが好きになること。』

この本は人間関係や遊びの大切さを再認識させてくれます。
ブラジルはバレーを日本から学んだと言います。


良い本です!!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://vb88111.blog62.fc2.com/tb.php/69-f6c7067f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP