FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

頑張る幅 

コバーンワ!

たがわさんの想い。

熊取北中学のバレー部は生徒たちに何をやるにも、頑張る幅を自由に持たせるようにしている。
だから、『自由と責任』の話を生徒たちにした。
自由と責任はいつも一緒。
忘れても忘れても言い続けようと思う。

練習は考え方を柔軟にすることと、想像力を高めるためにバレー以外のこともする。
いや、そのほうが多いかもしれない。

強制されて身につくことは本当に身についたとは言えない。

コートの中での自信のない不安な赤い顔。
プレー中の恐怖感に満ちた青白い顔。

不必要な恐怖が身体を固くさせる。考えも固くさせる。


中学2年のこの時期から3年の前までにだいたいの生徒はいろんな事で
心が揺れる。
弱い人間の集まりには必ず「ずるい人間」がいます。

他人の目ばかり意識した「にせの自信」ではなく、本当の自信が育つようになって
欲しいと願っています。


体育館
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://vb88111.blog62.fc2.com/tb.php/59-e87c7c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP