FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

過干渉な親と愛のない教師。 


ワールドカップバレー2011 女子 日本x中国を観ながら書いていますが、場内の男性の声で「ニッポーン!いわさかのブロックぅ~!」「き~むら~さおりぃ~!」メンバーチェンジでも「なかみちがはいりま~す!」と右翼の街宣車ばりのアナウンスは要りません。うるさいです。

スポーツじゃなくなってます。

会場の応援する人々がワーワー言うのはいいです。
みんな一生懸命応援してます。

しか~し!バレーをバカにしたようなあの男性の声はいりません。

そんなことをしなくても日本は強くなってます。

コバーンワ!

ハイセットたがわです。

今日のお題はちょっとシビアなタイトルですが、難しい話ではありません。

外へ出ると最近よく見かける光景の話です。

しつけのされていない親が子供を甘やかせて好き放題にさせている光景。

電車に我先にと乗り込んでくる母娘。

母:『◯◯ちゃん!あそこ空いてるから、はよ座り!取られたらあかんで!』

娘はダッシュして勝ち誇ったように席に座ります。

お母さんの言う事を聞いて、それができた。おかあさん、私えらいでしょ!とばかりに。。。


私が思うに、電車の中でも子供は座らせるべきではないと思うのです。

小さい頃から立たせて足腰を鍛える。

親を座らせるおもいやりをその年齢から覚えて自然に出来るようにする。

公の場所は特にまわりの人に気を遣い、目を配る。

それを教えるのは学校の先生、地域の人。

いろんな人に関わってもらって鍛えてもらう、そして本人も頑張る。

子供は第三者にも育ててもらう。

子供たちは自分が応援してもらっているとわかれば必ず頑張る。

考え方の違い、言葉遣い、その場の空気、、、、、。

いろんなことを学んでいく。


学校の先生が今足りないもの。

それは『愛』。

自分の言う事をきかない生徒は生徒じゃない。

もう君ら(生徒)のことは知りません。

平気で言う、態度で表す。

どんなに叱ろうと、そこに愛があれば子供たちはわかってくれる、そして通じる。

生徒と友達になることが良いことだと信じる教師。

裏切られて人間が信じられなくなる教師。


この前、また一年生に教えました。

「愛」の反対は「無関心」だと。

人生経験が少ないのはお互い様。

頑張らんとイカンとよ!

まず自分が一生懸命にならんとイカンとよ! 先生!


ちーレシーブ


今日のたがわさんからのメッセージ!
『みんな咲かせる花は違う。』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)

このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいますようお願いします。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!


関連記事
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://vb88111.blog62.fc2.com/tb.php/421-59cd6b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP