FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

和歌山遠征とランニングのかおゆれ 


いつもご覧いただきありがとうございます。

今日もよろしくお願いします。

カプシュラータたがわです。


先週末の土曜日は学校で練習。

翌日は男子、女子とも初めての和歌山遠征でした。

紀の川市立荒川中学校へ。

女子は岩出中学と荒川中学とゲームをさせていただきました。

とても良い練習になりました。先生方にお礼申し上げます。

わかやま

和歌山の両中学の子供はとても明るく、目が輝いていました。

良い意味でスレていないというか、素直さを感じました。

その半面、挨拶がまだまだできていないのと、先生に対して友達感覚で接しているなとも思いました。

先生の指導をアクビをしながら聞いている、髪の毛をいじりながら聞いている、もしくは聞いていない。

人それぞれとか、学校によって違うからというのは言い訳だと思います。

指導方針の違いというのはもっと言い訳だと思います。

学校の中で挨拶することにだんだん慣れてきて、先生に頭を下げることもしない。
(先日の記事に書いた『ワイクルーの精神』

そんな生徒たちが増えています。

私は教師ではありませんから、そこが特に良く見えます。

就職活動で面接をするのはなぜでしょうか。

人を見るからです。

そこで挨拶をいい加減にしてきた人間はどんなに優秀でも信用されません

それだけ挨拶は大事だということです。

私は先生がどう言おうと、試合前にメンバーが並んでコートのエンドラインに立って礼をする時にはキッチリとさせます。腰を90度にとはいいませんが、相手があるから試合をさせてもらえるのだという感謝の気持ちで毎回礼をさます。
『お願いします!』とハッキリとした発音とともに。

ですので、相手のチームとの礼のタイミングがずれます。

『オエーッス!』といういい加減な挨拶とともにネット近くに握手をしに来るチームには当然ながら遅れてしまいます。

それでいいんです。

試合終了も同じくです。

試合に負けたからふてくされて腕を組みながら、シャツのすそをパンツに入れながら挨拶されたらたまったものではありません。

そこを言うか言わないか、見ているのか見ていないのか、エラそうに言いますが、私はそこに教師の質を見ます。

バレーで勝った、負けたことよりも、その根本原因は何なのか。

人間力をつけてあげることのできる先生を目指して欲しいと思います。

「教師という職業」というキーワードで検索してこのブログに来ていただいた方にも申し上げたいと思います。


先日、ツイッターで『ランニングしたら、顔の肉がブルンブルン揺れたがな。』とつぶやいたら、『どう揺れたんや?』とのご質問をいただいたので、公開させていただきます。

ランニング中は『こんな感じに揺れてます。』



ブファファファファファッ!

揺れとるじゃろ?笑


今日のたがわさんからのメッセージ!
『カッコつけはカッコわるい。』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)


新コーナーも頑張っております。
『今日のデブ模様』は新しく右上のグラフにて表示されます。
ダイエットクラブ日記のスタートは90.0kg。目標は76kgです。



このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいませ。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!



関連記事
スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://vb88111.blog62.fc2.com/tb.php/317-3ada7beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP