FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

百貨店でのお仕事 


コニーチワ!

ジェルソミーナたがわです。

中学校の生徒たちのことが心配になりながら、仕事の都合でなかなか練習に参加できないでいます。



私の仕事の話ですが、最近は百貨店の店頭に立ちながら販売することが多く、肉体的にも、精神的にもキツイ状態が続いています。

ふひ。

まぁ、自分のことはさておき、最近に気になるのは女性販売員(特にヤングレディースファッション)の言葉使いです。

百貨店の社員さんたちは、ちゃんと教育を受けていますから、俗に言うタメ口をきいたりしません。

メーカーから派遣されている20代前半くらいの女性販売員は、お友達感覚でお客様に話をします。

同年代が選ぶファッションですから、、、、、というのは許されない訳で、時には50代、60代の自分の母親世代にも同じような話し方をしています。

これは百貨店だけではなく、どの販売業界にもある話です。

若い女性に多い「ヤバイ」、「カワイイ」、「なにげに」、「そうなんですねぇ」。

この四つの言葉をふんだんに使って会話をしていきます。

「お客様、めっちゃ似合ってますって!ヤバイです!」

「えーっ、なにげにカワイイですって!」

「そうなんですね〜。」


友達か!!

親近感を出そうとして、言葉が乱れています。

私は「そうなんですね〜」が好きではありません。

人の話を初めて聞く訳ですから、「そうなんですか」、もしくは「そうですか」が答えだと思います。

なんでもかんでも「そうなんですね〜。」


「どんな服をお探しですか?」

「薄めのセーターを。。。」

「そうなんですね〜。」


ネット内でも調べていると、40代以降は、この言葉に違和感を感じるそうです。

TPOなどありません。

流行だとか若者言葉だから、というのは言い訳でしかありません。

久々の明日の練習で、生徒たちに、このことを話そうと思います。

20111124haruyama2.jpg









スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP