FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

叱られていますか? 

こんばんは!

心の話です。

今の中学生は家や学校でどれくらい叱られているのだろう?
ほめられているのだろうと思います。

毎回、毎回、バレーボールをする前に『人間としてどうあるべきか』
を考えなさいと生徒たちに言っています。

まだまだ一年生は『甘えんぼうさん』です。
人のことを考えることはできません。
どの男子が好きか、あの子が嫌いだとか、そんなことは考えています。
ここで言う『人のことを考える』とは自分がどれだけ人の役にたっているか
考えることです。

自分は『バレーボールが人一倍上手になりたい!』と思いながらどんどんまわりのメンバーの
ほうが上手くなっていく。
そんな人は、なぜそうなるのかか考えたことはありますか。

自分に甘いからと言う人もいるでしょうが、私はもうひとつ『やさしさ』が足りない、
もしくは無いのが原因だと思います。

自分の心に優しさがあれば、相手の優しさが感じられるはずです。
自分のことばかり考えている人は、相手が自分のことをどう思っているか、
それは自分にとって得か損かしか考えていません。

自分が得すれば、嬉しい。
得をさせてくれた人が好きになる。


自分のことばかり考えている人は、相手のことを考えません。
やさしくすることは損することだと考えてしまうからです。


ここまでの話でだんだんとわかってきた人もいると思います。

相手のことを考えることは自分のためになることだと。

自分がいつも楽に生きようとする人は見苦しい、悲しい、切ない。

仮病を使い、逃げる、できない、言い訳ばかり考えている。

それでは何をしても上手くいかないのです。



スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP