FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

思考がとまる。 


最近、思考が止まる。

各駅停車で考えるようにしている。

それが急停止。

いろんなことの矛盾や理不尽なことが目につく。

だから思考を自動的に停止しているのかもしれない。


仕事もあって、子供たちとふれあう機会が極端に減っている。
自分ではこれも思考停止の原因のひとつだと思っている。

そういう時間が必要だと神様がいっているのかもしれない。

でも頑張ろう!

自分にパワーをためておかないと子供たちにすぐに持っていかれてしまう。

ネタを発射するパワーがないと、子供たちに届かない。

なにかをググーッと押し開かないといけないのかもしれない。

体と心が離れている今日このごろ。

みなさんは毎日元気ですか??

2011.6.26 田川 記



今日のたがわさんからのメッセージ!
『健康第一!!』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)


『今日のデブ模様』は新しく右上のグラフにて表示されます。
ダイエットクラブ日記のスタートは90.0kg。目標は76kgです。



このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいますようお願いします。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!


スポンサーサイト



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

マナーとモラル その1 


たびたび、徳育(知育、体育、徳育)の話をしておりますが、マナーとモラルの違いや合意がはっきりしていない為にいろんな問題が起きています。

いつもごらんいただきありがとうございます。

こんばんは!モラールたがわです。

簡単に、「マナーは行儀作法」、「モラルは個人や社会の道徳感や倫理観」とすると、モラルの曖昧さが問題を生み、話をややこしくしているのだと思います。

「公共の場所」ではどうすればよいのか。

『若い女性が電車の中で化粧をする。』これについてはほとんどの人が良しとしない。

わたしは不愉快に感じるのでそこから目線をそらします。

良く思わない意見は「女性の恥じらいが失われているから。」「常識的に控えるべきだろう。」「単純に見苦しい。」

いろんな意見があると思います。

しかし、そこに共通の理解がありません。

だから、化粧をしている人とそれを見ている人には接点がありません。

人それぞれという認識で処理されてしまいます。

これはひとつの例ですが、だからこそ学校でもっとしっかり道徳教育をすべきだという声があります。

しかし、残念ながら「道徳とは何か」というものが今の教育は定まっていません。

「道徳教育の内容を何にするか」を決めなければいけません。

先に出た公共の場で化粧をすることは、「人前をはばかる」いわゆる「人前で恥を避ける。」ということからは、かけ離れています。

何を恥と思うか。

公共の場面の雰囲気を維持させることができない人が増えている。

電車の中であくびをしようと、大きな声で話をしようと(特に携帯電話)、人から危害を加えられない限り何をしてもよいと思っている。

おまけに満員電車で屁をする人もいる。

必要なのは『見ず知らずの人には、まず礼儀を守ること』を先に考えることです。

相手がどういう人かわからない以上馴れ馴れしくしないという他人への気遣いを欠かしてはいけません。

先生に問いかけてみます。ご覧いただいている先生方、どうでしょうか?
jinjya



コメントありがとうのコーナー

◆はぐきさん……いつもありがとう!今は将来のことをしっかり考えて!中学生も頑張ってるぞ!

◆三兄弟母さん……いつもご覧いただき、応援いただきありがとうございます。いただいたコメントを何回も何回も読み返しました。
今回の優勝は保護者のかたの応援がかなりの力になっています。

以下は私の保護者と指導者(先生)についての考えです。
指導する側と保護者の間の距離が適正であり、お互いが信じ合っていると、子供の成長がすばらしく中身のあるものになっていきます。子供たちは敏感にそれに反応します。
保護者の方が先生に預けているから、何かあったら先生の責任にしたらよいという考えがあると子供から笑顔は確実に消えます。
私は指導者でもあり、最近までは保護者でありましたから、そんな目線で見ています。
もうひとつ、保護者の方も先生がたとどんどん話す機会を持ってほしいと思っています。
そこからがスタートです。
先生の考え方、保護者の考え方を謙虚に伝え合ってほしいとも思います。

三兄弟母さん、いつも本当にありがとうございます。


今日のたがわさんからのメッセージ!

『平常心!日常の小さな行いもおろそかにしない心』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)


新コーナーも頑張っております。
『今日のデブ模様』は新しく右上のグラフにて表示されます。
ダイエットクラブ日記のスタートは90.0kg。目標は76kgです。




このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいませ。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

教育のお話11/11(保存版) 


あら、よいしょっと!

こんばんは!

フクラハギツリーノたがわです。

ちょっと読みにくかったですか?

冷えたふくらはぎがつりそうです。。。

今週末の土曜日は地区大会予選でございます。会場は貝塚3中です。



さてさて、今日のお話ですが、最近『教師という職業』という検索ワードでこのブログに来られるかたが増えました。

先日もお話したように、教師という職業がとても難しくなってきています。

ほとんどの先生の主な仕事が「保護者とのやりとり」と「事務作業」。

本来の子供とのやり取りができない。

あこがれだけで教師という職業を選んだ若者は精神的に耐えられずに辞めていく。
ないしは精神的に病んだまま続けている。

先日も小学校の先生とお話させていただいたが、その先生の小学校も病んでいる先生は多いとのこと。
(ちなみに関東の小学校です。)

私は先生の質の問題もありますが、基本的に保護者が悪いと思っています。

人の付き合いや公の場所でどうすべきかを教えるのは親であって、先生はその補佐になります。
科目ごとの勉強はもちろん先生の役目です。

保護者懇談で先生から子供について言われたことにいちいち文句をつける親。

先の関東の先生もおっしゃっていたが、食事の時の箸の使い方が悪いと言ったところ、親から『小学校ではお箸の使い方を教えないんですか!!』と言われたそうな。

『先生!私、朝早くから夫や子供のお弁当を作って、お掃除して、お洗濯して、気がついたらもうお昼ですの。
だから私の朝ご飯を作って下さらないかしら?税金払ってるんだから、いいでしょう?』

『バカかこの女親は!!』

と、みなさんは言いたくなりませんか。

こんなバカげた話は日常茶飯事なのです。

親に向かって『アホちゃう?』と平気でいう子供。

親は子供に対して厳しくあるべきです。友達ではありません。

挨拶をするのはあたりまえ!時間を守る、出来るだけ規則正しく生活する、夜更かしない。

親は徹底的に教える。背中で教える。

子供はそれをみて育ちます。

小さい頃、自分はどうだったか。

親が仲良くなかったか、親の指示にそむくことは許されなかったか、親はいつも不機嫌であったか、人の悪口ばかり言っていたか。。。。。

人間の精神が健康に育つかどうかは経済的に恵まれているかどうかは関係ない。

親の情緒が安定しているかどうかにかかっています。

未成熟な親は子供を自分の思いどおりに抑え込み、その子を素直な子と錯覚して安心する。

そんな親から脱却しないかぎり、子供は防衛的性格のままです。

もっともっと深いところにこの問題の原因はあります。

今回はここまでです。

いつもお読みいただいてありがとうございます。


今日のたがわさんからのメッセージ!

『良い子を演じてたら苦しくなるよ!』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)


新コーナーも頑張っております。
『今日のデブ模様』は新しく右上のグラフにて表示されます。
ダイエットクラブ日記のスタートは90.0kg。目標は76kgです。




このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいませ。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

流行に敏感 その1 

全日本とブラジルの試合を観ていたら、こんな時間になっていました。

今日は『流行に敏感』について書きたいと思います。

中学生はこの夏休みにいろいろなことを覚えます。
特にいろいろな良からぬことを覚えます
前から興味はあったのだけれど、やってみるのがちょっと恐かった。

多くはまゆ毛をいじります。まゆげ


抜いてみたり、カミソリを使ったり、友達からの情報、ファッション雑誌からの情報。
あきれたことに、母親がすすめる場合もあります。
整えるのではなく、まゆ毛をいじることによって、みんなの注目を浴びたい、
みんなと違う自分を見せたい、化粧をするのに必要だから(必要ありませんが)など、様々な理由があるのでしょう。
たがわさんは事あるたびに化粧について、みんなに話します。
顔を触ってキレイになろうとする前に、心をキレイにしなさいと。

年頃ですから、いろんなことに興味を持つのはいいことですし、健全なことなのですが。。。
自分に自信がないとき、不安な時はとりあえず周りの人と同じ事をして、あわせようとします。
そうすれば、大きくはずすことなく、自分の安全を守ることができるからです。
(みんなから浮かないだろうと思うこと。)

日本人が流行に敏感で、何かが流行ると、みんながみんな同じものを
身につけたりというのは、自分に自信がもてない証拠なのかもしれません。

ここにひとつおとしあながあります。
それは自分も不安かもしれませんが、周りにいる人間も、実は不安なのではないかという視点が抜けていることです。

周りの人に合わせて行動していれば、表面的な不安は解消され、安心できるかも
しれませんが、うっかりしていると、周りの人と一緒にダメになっていく危険性も備えているのです。

だから、バレーであれば自信が持てるようになるまで練習する、勉強もとことんまでやってみる。

一度だけでいいから、一ヶ月間何事も全力でやってみませんか?





テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP