FC2ブログ

ブログランキング ポチっとな!

プロフィール

フェイスブック

ツイッター

投票コーナー

カテゴリ

月別アーカイブ

一年の時を経て。 

2014.6.15

一年の時を経て、先生の為のこころの相談室を開きました。
中学でバレーボールを教えていた時に接した、教育現場の問題、子供たちが成長していく環境の問題、保護者の意識の問題など。。。。

枝葉を解決しても、またそこからどんどん問題は大きくなっていきます。

今回、できるだけ本質に迫り、問題解決していくひとつの道として、先生のための学びの場を作りました。

あわせて、現代社会を生き抜くためのこどもたちの学びの場でもあります。

現在、わたしはこどもたちとのふれあいとして児童施設訪問や地域イベントに参加して、ぬりえ教室やカラーセラピーを開催しています。

新しくブログを開設し、ここから進んでいきたいと思います


http://ameblo.jp/shingakujyuku

改めまして、どうぞよろしくお願いします。



                       先生のこころの問題解決専門カウンセラー
                                田川 之彦
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

目のちから。 


仕事をしながら、後ろから聞こえる女子バレーの韓国戦に耳が大きくなっています。
チラチラとテレビに映る全日本女子メンバーの顔を見ていると、みんな疲れています。

木村選手の顔が沈んでいます。竹下選手のトスが乱れています。佐野選手がいつものポジションより前で待っているためにレシーブがあがりません。コースに入っていてもです。
荒木選手と山口選手だけでは勝てません。

第2セット途中で負けを意識しました。全日本選手でありながら、プレッシャーなのか、単なる調子が悪いのか。
ブロック得点もほとんどありません。

韓国チームも決して調子が良いと思えません。

キム・ヨンギョン選手を止めないとと思うばかりに、裏エースに決められ、センターに止められ、全く良いことがありません。

あっ、感想を書いているうちに負けてしまいました。

どんなに技術があろうとも、心が乱れては勝てません。

韓国やロシアはすぐに頭に血がのぼって、カッカしている間に負けてしまうパターンがよくありました。

全日本チームは一生懸命さが感じられません。目に力がないです。

このままじゃ、キューバにも負けます。

サッカーや野球のように『日本代表』のような、日本を背負って戦っている感じがしませんね。

今の全日本メンバーは初心に戻れるだろうか。。。。


*遅くなりましたが、akiさん、3兄弟母さん、卒業生さん、名前のわからない方、コメントやメールをいただき、ありがとうございます。

また、ご意見をお寄せください。

いつもありがとうございます。

田川 拝

富山県にて。
子供たちを相手に喜ぶおっさんの図。
富山



今日のたがわさんからのメッセージ!
『才能を育てるのは親の役割。』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)

このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいますようお願いします。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!


テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

「納得いかない」やあれへんがな。 

 
みなさま、コバーンワ!!

ニュースです!
KDHの会(ここだけの話の会)東京支部長が記録更新しました。
5日連続飛行機に乗られたそうです。プライベートでなんと移動距離3500KM、その間に3日間羽田で仕事。

あっ、支部長は貝塚5中の外部コーチをされている猪田さんのことです。
Mr.INODA

猪田さん、おつかれさまです。


さてさて、今日の話題は『納得いかないやあれへんがな。』
みなさま、思い思いの関西弁で発音してみてください。

何かいうと、今日の読売新聞に掲載されていた「人生案内」の記事を読んだからです。

その記事はこちら。←ここをクリック!

以前、うちの中学の女性の先生にも同じようなことを、私は質問形式で尋ねました。
教師が通常業務で必要のないものは何かと。

答えは『愛想』です。

生徒たちに愛想を振りまく必要はありませんし、教育現場は歳の差関係なく先生ばかりです。
愛想はいりませんね。保護者と話をする時くらいでしょうか。

でも、愛想は社会で生きて行くのに必要なんです。

ニコッと笑顔だけでいいんです。


ハッキリ言いますが、男性教師はたいていエラそうです。

歳をとればとるほどエラそうになっていきます。

そりゃ、子供になめられては困ります。

それで通用するし、まわりも先生はそういうもんだと違和感を持たなくなります。

元校長、教頭先生は眉間にシワを寄せながら、特にエラそうに感じます。
(先日もおひとり、そういう方がいらっしゃいました。)

社会人としてはいけませんなぁ。

教師は一般社会人とは隔離された職業ですから、しょうがないと言えばしょうがない。

以前もこのブログに書きましたが、一般の人と接するのに、挨拶はしないし、口を開けば切り口上でしか話せない、子供に話すのと同じ口調で一般の人にも話する、そんな先生は多いんです。

性を問わず、若い先生にも多いですね。

これは人生経験の無さがそうさせます。

若い先生はもっと怒られないといけません。注意を受けないといけません。辛抱が足りません。

しかーし!私のまわりにいらっしゃる人格者の先生の名誉のために言いますが、ちゃんと挨拶も気配りも目配りのお手本になる方はいらっしゃいますよ。はい。



この記事の投稿者の場合は教師ではなく一般人ということですが、、、、

説教をした教師を全面的に支持はしませんが、言っていることはそのとおりだと思います。

この投稿者の考えは『とても甘いです。ぬるいです。アマアマです。アマ~~~~イッ!!』

言われたその時は腹が立つかもしれませんが、その人が考える「社会人の礼儀」を教えてもらったわけです。
言われるということはそう見えたのです。
あー、そうだったのかと思えないから、思いのはけ口がないからこんなところに投稿したわけです。
指摘されたことがトラウマとなるべく、イヤだったら、こんなところに投稿せずに、先ずまわりの人に聞いてみたらいいと思います。

そんなことは世の中にいくらでもあります。
私も40歳を越えたくらいに他校の教師から嫌がらせを受けたこともあります。

それに輪をかけてイカンのが増田明美氏。
ダメダメもんです。
「尊敬している恩師からならともかく、面識のない先生から説教されるなんて心外ですよね」だってぇ。
もう増田氏に失望ものです。

教え子であろうとなかろうと、注意を受けたことを再度思い出して、私の振る舞いに問題はなかったのか考えてみてはどうですかと、何故言えんのか。

人付き合いが苦手であろうが、なんであろうが、注意を受けたことを自分の糧にしなさいと、何故言えん。

おまけに、今のうちに「こういう人になりたい、なりたくない」という見本を知るのは良いことです。だと。
見本を知る前に、自分を客観的に見れるようにいろんな経験を積みましょう!と言えんのか。

「お陰で素直なあなたは自分を反省する時間を持てました。」

おーーーーいっ!反省してないから、ここへ投稿してきたんだろうが!!!


最後には、まもなく薫風の季節。重いコートを脱ぎましょう。

なんのこっちゃ。なにキレイに締めとんねん。


私がなぜこの新聞記事を題材にしたのかというと、中学生や若い教師に「投稿者と増田明美氏のやり取りが普通だと思ってもらっちゃ困る。」これが理由です。

久々にキーッ!としましたわ。




今日のたがわさんからのメッセージ!
『どうしても怒るのなら、建設的な怒りにしましょう!』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)

このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいますようお願いします。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!


テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

熱中すること。 


コバーンワ!

いつもごらんいただきありがとうございます。

みなさんは今、何に熱中してますか?

仕事?趣味?勉強?スポーツ?クラブ活動?結婚活動??

結婚活動を略して”婚活(こんかつ)”というそうです。

しゅうかつ(就活)、イクメン、ぼくツケ麺。

最近のことばはホントにワケがわかりません。

女の子は『かわいい』と『ヤバい』の二言でだいたいの会話ができます。

どうも通じてるみたいです。

形容詞が日本から無くなってしまう!!!と思うくらい。。。


えっ?田川さんは何に熱中しているかって?

えーっと、最近ですが、ワタシハエイカイワヲベンキョウシテイマース!
(なんで外人口調やねん。)



さて、昨日は大会前の練習ゲームをしに他校へ。

雨でしたから私も自分の車に生徒を乗せて会場へ。


みなさんは女子中学生が車の中で何をしゃべっているかご存知ですか?
もしくは想像できますか?

結構難しいこと(心の話)をしゃべったりもしますが、ほとんどはまわりの景色で見た看板に書かれてある文字を口にして、、、

あそこのファミリーレストランは行ったことがあるとか、知ってるとか。。。。

「あー!王将やー!ギョウザ食べたいなぁ。」

「サーティーワンっておいしいでな。」(泉州弁ですみません、、、おいしいよねって意味です。)


あと、意味不明な言葉を連続して笑っているとか。

そして、看板を見て、行きたい、食べたい、欲しいと口々に言う。

友達がなにか経験したことに関して、「いいなぁ~、いいなぁ~」を連発。

これで1時間はしゃべってます。

けどね、いいんですよ、これで。

高校生になると、ほとんどが、しゃべらないか、寝てるかのどっちかです。

それか先生に怒られていることもあります。

私は運転しながら、彼女達の話を聞いてほんわかした気分になっています。

その彼女達もバレーになれば、私にドヤされていますけどね。

三年生はあと卒部まであと三ヶ月。

二年生はあと1年とちょっと。

まだ見ぬ一年生は11人入部しているとのこと。

彼女達に伝えたいことが山ほど残っている。
どれだけ伝えられるか。
まだまだ頑張らんといかんねぇ~。

遠くにふじやま
遠くに富士山。



今日のたがわさんからのメッセージ!
『不安のための時間を減らして行こう!』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)

このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいますようお願いします。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!


テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

生きていくのに必要な事。 



こんににちゃ!
アルファカルシドールたがわです。

みなさん、バレーボールしてますか?
バレー以外のスポーツしてますか?

体を動かすことは体調管理や病気の予防にもなりますので、毎日少しずつでもいいので、意識をして運動してみて下さい。

生徒たちにもよく言うのですが、
『体を冷やすことはイカン!特に女子は気をつけること!』

風呂へ入るのもシャワーだけしてあがってくる。
それでは体の芯から温まりません。
この季節だからこそ湯船につかって欲しいと思います。

冷え性の女性は数多くいらっしゃいます。

うちの生徒たちも全員と言っていいくらい手が冷たいです。
手や腕の使い方を指導する時に、手先に触れた瞬間、「冷たいなぁ~。。。」と思います。
そして、できるだけ手ぶくろをして、温めるように言います。

手先を温めると、脳も活発に動くようになります。

さて、先週土曜日1/14は昼から練習、日曜日1/15は泉南郡、阪南市の大会の決勝トーナメント。

土曜日に生徒たちに伝えたのは四つの言葉でした。

以前、『愛』の反対は『無関心』だと教えました。

今回は『自由』と『責任』『権利』と『義務』です。

難しいことをとお思いの方もいらっしゃると思いますが、中学生から教えないと身につきません。
中学生からは理解できます。

自由に生きている、いや、生かしてもらっている。
親はもちろん、すべての方、すべてのものの恩恵を受けて生きている。
だからこそ、やるべきことの『責任』があるのだと。

その『責任』を果たすことによって『自由』が得られるのだと伝えました。
そこに初めて『感謝』が生まれます。
口先だけの感謝は中身をともないませんし、伝わりません。

よく、『感謝をしなさい!』と言われますが、言葉だけでは伝わらない時代になっています。
モノや情報が多すぎるからです。
欲しいものや情報が簡単に手に入る今の時代では本当の『感謝』は表しづらいのです。



世の中は先に『権利』ばかりを主張する人が増えてきています。

先に『私は◯◯をする権利がある。』と。
もっと簡単にいうと、いつも「◯◯してもええやん」、「◯◯するのは当然よ!」を元に行動している人たちです。
自分がまず優先で、自分の都合ばかり考えているひと達です。
自分勝手な人です。

情報過多のなかで、何が本当か、何がウソなのか、自分の中で取捨選択することが追いつかずに、ただ自分を守るためだけに生きているひとが多いのではないかと想像します。

それにも関わらず、人のためだけに生きている方もいらっしゃいます。
本当に尊敬に値する方々です。
本当に人のために生きておられる方々は、すでに自分の面倒も自分でできるし、揺るがない信念のもとで動いていらっしゃいます。

『義務』を忘れて、『権利』ばかり主張してはいけないと生徒たちに伝えました。

もちろん、バレーボールのことも交えて話をしました。

コートの中で、コートの外で、チームで、何を考えなければいけないか。

生徒たちは私に言われた事に対して、もちろん昨日(1/14)の今日(1/15)なので、考えて行動する時間もありません。

1/15の決勝トーナメントは一回戦で敗退しました。

負けた後の集合時にもう一度生徒たちにこのことを伝えて、各自がバレーノートに書きなさいと話しました。

バレーばかにも勉強ばかになってもいけません。

まだまだ、生徒たちに伝えたい事は山ほどあります。

それでは。。。

ささ、風呂に入りましょう!

12_1_15 先生からの言葉を聞く生徒たち。



今日のたがわさんからのメッセージ!
『人を笑うのではなく、人とともに笑いましょう!』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)

このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいますようお願いします。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!



テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP

守るべきもの。 


と~やま、富山がえり~の、とやまがえり~のぉ~♪

なんの曲かわからないと思います。

ええ、わたしにもわかりません。

ただ、演歌調だということは確かです。

エンガチョではありません。(咳払い。)


えーっと、田川です。

今日、富山のイベントから帰ってきました。
ここまるしぇ

冷えるぅ~、ひえ~るぅ~~、ひえ~~っ♪

オホン、また歌いました。(失礼。)

土曜日、日曜日とイベント。

昨日の日曜日のイベントが終わり、撤収作業が20時くらいに終了し富山インターから北陸自動車道にのり、いざ大阪へ。

寒い、眠い、寒い、眠い。

ということで、今週も頑張ってまいろうかの。

前回の妖怪のお話をお待ちのみなさま。

二年生の『妖怪っていますか?』質問に田川さんははこう答えました。

田川:『おるよ!妖怪は普通は自然のなかにおるねん。特に森の中にはいろんなようかいがおる。なんでおるか。
それは森の草木や動物達たちを守るため。自然を破壊したり、むやみに動物を殺したりするようなものに警告を与える、もしくは罰を与えるためにいるねん。人間も自分たちの住んでいるところを破壊されたら黙っているか?
家族を殺されたら怒るやろう。木々や草花や動物が直接意思表示できないから、変わりに妖怪が出てくる。』

二年生:『へ~っ、そしたら、カッパもいるんですか?』

田川:『カッパもいるよ。実際は人間に似た格好をしていたよだよ。だから河(かわ)の童(わらべ)と書くし、
あっ、童ってわかるよな?』

二年生:『へーっ!(驚き)』

田川:『ちょうど川から上がってきてずぶ濡れの状態を人間に見られたのがそんな風に伝わっているみたいだね。やっぱり、川を守っているんやね。』

なんでそんなことを知っているかって?私のまわりに知っている人が多いもので。。。。

そう、うちの二年生は霊のことにも興味があるようです。

私としては闇の部分に関してはあんまり関わらない方がいいんですが、知っておくべき事は伝えておこうと思います。



今日のたがわさんからのメッセージ!
『今を一生懸命に!』
(このコーナーの応援もありがとうございます!)

このバナーを一日一回クリックしていただけると、励みになるのでございます!
それっ!ぽちっとな!
いつもポチをありがとうございます!
何卒ご支援くださいますようお願いします。

明日もよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓このバナーをポチっ!
クリックでサーブ!


テーマ: バレーボール - ジャンル: スポーツ

[edit]

PAGE TOP